タグ別アーカイブ: 古寧頭戦役

IMG_8248_R

金門島の戦跡と金門包丁(金門菜刀)

金門島は、1949年の国共内戦時に金門島に中共軍が上陸した古寧頭戦役、1958年に始まり最終的な砲撃停止まで20年以上を要し、当初は米軍の介入による戦術核の使用も検討された金門砲戦(八二三砲戦)など、冷戦を背景とした中台の軍事的対立の最前線となっていました。その戦跡等を巡ってみました。

続きを読む