古寧頭戦役」タグアーカイブ

金門島の戦跡と金門包丁(金門菜刀)

金門島は、1949年の国共内戦時に金門島に中共軍が上陸した古寧頭戦役、1958年に始まり最終的な砲撃停止まで20年以上を要し、当初は米軍の介入による戦術核の使用も検討された金門砲戦(八二三砲戦)など、冷戦を背景とした中台の軍事的対立の最前線となっていました。その戦跡等を巡ってみました。

【参考】
Wikipedia 「古寧頭戦役」
Wikipedia 「金門砲戦」

軍事対立の中、島自体は要塞化が進んでいたものの、今や中台の関係改善もあり、軍事施設の一部は歴史的役割を終え観光地になったり、打ち捨てられて自然に帰ろうとしています。また、中国本土から打ちこまれた47万発もの砲弾は、無料の鉄資源として地元名産の包丁の材料となっています。その辺の観光レポートを。

まず、島のあちこちには往時のトーチカ(砲陣地)等の施設が残っています。

樹に隠されて見えにくいですが金島市郊外のトーチカ
(交通の要所に、過去は防衛拠点が、今はコンビニが必要になったっぽい)

(さらに…)