IMG_8270_R

金門島でサイクリング その2

金門島でサイクリング その1」の続きで金門島サイクリング 午後編。主に島の西北側をめぐります。

信源海產店のランチの後、北へ。寧頭戦役和平紀念広場は、往時のトーチカや兵器群が展示されています。

寧頭戦役和平紀念広場内の大型トーチカ

IMG_8170_R

トーチカのうちの一つは、内部を改装して牡蠣産業の博物館というゆるめの施設に。

牡蠣産業博物館に生まれ変わったトーチカ

IMG_8160_R

公園から少し行ったところにあるのが古寧頭戦史館。寧頭戦役和平紀念広場が、恐らく中国本土からの観光客向けにもマイルドな展示になっているのに対し、ここは、しっかり反中共な展示が目立ちます。

1949年の古寧頭戦役を描いた油絵
(この手のプロパガンダ絵画は勢いで書いてる感がいいですね)

IMG_8186_R

 

古寧頭戦役の戦闘経過要図
(防衛線の真正面に上陸した上に、さくっと相手海軍に後方を遮断されるという
同情すら覚える中共軍の負け戦)

IMG_8198_R

慈湖三角堡は比較的大型のトーチカ。周辺には戦車の展示もあり、銃眼から写真を撮ると雰囲気でます。

慈湖三角堡の外観と銃眼からの風景

IMG_8255_R

IMG_8222_R

 そして、目的の金門包丁。金合利鋼刀と金永利鋼刀の2店に行ってみました。金合利鋼刀の方が品質も値段も高めな感じ?

金合利鋼刀

IMG_8275_R

金永利鋼刀

IMG_8267_R

 

夕飯は、街のあちこちで見かける金門牛を高坑牛肉店で。これまた市街地から離れているので、心が折れてタクシーで。

金門牛を冷製とステーキで

IMG_8276_RIMG_8277_R

19時30分の便で台中経由で戻り。自転車で回ると一日で島を回るのはさすがに無理… 朝食を食べた水島村の辺りは、伝統的建物が民宿になってるらしいので、隅々まで巡るならその辺り利用するのが必要な感じだと思われます。市街地の地下トンネルも今回行き損ねたんで、今度、アモイ観光するついでにもっかい行ってもいいかもなあ、と考えてます。。

※戦跡と金門包丁については別エントリー作成しました ⇒ 金門島の戦跡と金門包丁(金門菜刀)

現地訪問日 15年5月4日

金門島でサイクリング その2」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 金門島でサイクリング その1 | 空を飛ぶブログ

コメントを残す